ボルボ・カーつくばのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

自動ブレーキシステムを含む先進安全装備を総称して

『 インテリセーフ 』と呼んでいます。

2009年に完全停止可能な自動ブレーキを日本で初めて導入して以来、

更なる先進安全装備が次々と開発され、現在のインテリセーフとなっています。

そこで、今回は『インテリセーフ』をわかりやすく解説させていただきます!

 歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキシステム

こちらはご存知の通り「自動ブレーキシステム」です。

今や軽自動車でも装備している自動ブレーキですが、、、

実は前方車両のみで歩行者に対してはブレーキの効かないものが大多数で

自転車まで対応しているメーカーはごくわずかです。

ボルボは「デジタルカメラ」「赤外線レーザー」「ミリ波レーダー」の

3つの目で監視し高範囲で作動するのも特徴です?

全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

一般的には高速道路上で使用しますが、設定した時速で走り続けてくれる

クルーズコントロールという機能に、前車の速度を監視し追従するというものです。

設定した速度を上限に渋滞で前の車両が停止すればそれに合せて停止、

再発進すればついていくという機能です。

大渋滞の高速道では、非常に便利で、ストレスなく安全な運転ができます。

BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)

運転中の死角情報をドライバーに提供する装備です。

レーダーが周囲に注意を払い、側面と後方の死角に他車が入っている場合には、

ドアミラー内側のランプによるインジケーターで警告、ドライバーにその存在を知らせます。

長時間運転などドライバーの疲労時に起こりやすい、死角にある車両の見落としや

急接近する車両の見落としを防止し、事故を未然に防ぐことができます。

LKA(レーン・キーピング・エイド)

走行車線を逸脱した判断すると、車線内にとどまるようにステアリングホイールを穏やかに補正

その後も車線逸脱が発生する場合はステアリングホイールが振動してドライバーに警告を発します。

CTA(クロス・トラフィック・アラート)

駐車場に前から駐車した際、後ろ向きで車を出しますが、

そのときに左右から接近してくる車両を検知し警告音を鳴らします。

パーキングエリアなどで、どんどん車が来るときでも安心して発進できます。

DAC(ドライバー・アラート・コントロール)

ドライバーの運転傾向に眠気や注意力散漫といった

通常のドライビングスタイルから逸脱した操作を検知した場合、

警告音を発し、メーターパネルに休憩を促すメッセージを表示します。

一部ご紹介させて頂いたこれらの安全装備「インテリセーフ」が

ボルボには全車に標準装備しています =^_^=

新しいお車をご検討のお客様は、自動ブレーキだけでなく、

他の安全装備も確認してみてはいかがでしょうか?

安全機能を実際に試したい・・・

他社との安全性能の違いなど・・・

詳しくはショールームにて営業スタッフがご説明させていただきます!

試乗車は常にご用意しておりますので是非ご来場くださいませ ?

検索フォーム

ショールーム情報

ショールーム

ボルボ・カー つくば

〒305-0816

茨城県つくば市学園の森2-40-10

TEL:029-846-0088

FAX:029-846-0880

営業時間:9:30 - 18:30

毎週水曜・第2火曜日定休